占いの種類の分け方

占いの種類を大きく分類すると西洋占いと東洋占いに分類する事が一般的です。
しかしそれは西洋で発祥した占いと、東洋で発祥した占いという分類にしかすぎません。
そうではなく内容や使用方法による分類法を紹介したいと思います。
それな命・ト・相という3つに分類する方法です。

まず命とは人が生まれながらに持っている運命・宿命を占う占いの事です。
基本的に生年月日や干支、誕生した時刻などの情報を元に占います。
命に分類される占いは四柱推命や占星術、九星気学、数秘術、0学、ホロスコープ、算命学などです。
有名な占いも多いですよね。
なぜなら占いで占うもっとも基本的なものはその人自身も運命に他ならないからです。
運命さえ分かれば占いで相談される諸々の悩みも解決に至るというわけです。

トとは人と人とが関わり合う事により発生する出来事を占う事です。
簡単に言えば人間関係のトラブルなどです。
人は1人で生きる事は出来ません。人との関わりの中で生きています。
そのため家族関係、友人関係、恋人関係、職場の人間関係、などなどさまざまな人間関係を構築していきます。
そしてそれらの関係が上手くいかない時にそこからいろいろはトラブルが発生してしまうというわけです。
そのため人間関係を占う事で占いの悩みの大半が解決されてしまうというわけです。
トに属する占いとは周易、土占い、水晶占い、タロット占い、ホラリー占星術、ダウジングなどがあります。

最後は相です。相とは向かい合うという意味です。
形や姿を通じて相手の事を見るため対面占いが基本的に適しています。
特に風水なんて家を実際に見て占ってもらう事をお勧めします。
相に属する占いとは手相占い、風水、姓名判断、夢占いなどがあります。

その占いの得意ジャンル、占い師の得意な相談内容などを理解した上で、どの占い師に占ってもらうのか選んでいきたいですよね。

Copyright© 2010 女性に人気の占いサイト案内 All Rights Reserved.